壁塗装とは?価格相場や種類などのよくある疑問や解決方法を分かりやすく紹介

このサイトでは壁塗装とはなにか、どのようなタイミングでおこなえばよいのか、また避けた方がよい季節があるのかなど外壁の塗装方法や工事にかかる費用の相場、修理の種類など様々な理由で外壁の修繕を検討している人が疑問に感じがちな内容を紹介し、それについての解決方法をわかりやすく説明します。
そろそろ外壁の塗り替えが必要かもしれない、塗装にしようか外壁材にしようか悩んでいるといった場合は参考にすることができます。

壁塗装とは?価格相場や種類などのよくある疑問や解決方法を分かりやすく紹介

壁塗装の必要性とタイミングを疑問に感じるかもしれませんが、ひび割れや手で触れると白い粉がつくといった状態の場合は、修理や塗装を検討する時期がきていると考えられます。
壁塗装には塗料や工法、使用する素材によってそれぞれ違いがあり、選ぶ塗料や外壁材の種類によって壁塗装後の耐久性や性能、外観の印象が違ってきます。
また壁塗装に用いる外壁材や塗料の種類を知っておけば、今後メンテナンスが必要になる時期の予測に役立ちます。

壁塗装で使用する塗料の種類はどれくらいある?

住宅の外壁塗装は年月によって劣化するものです。
外壁塗装を考えている方も多いと思いますが、ところで塗料にはどのような種類があるのでしょうか?まず有名なのは、アクリルです。
価格が安いため、外壁のみならず様々な用途に用いられてきました。
ただし耐用年数が短いという点から、外壁に用いられるケースは少なくなってきています。
外壁にはウレタンも多用されています。
密着性や弾力性が高く、凹凸の多い外壁の塗装に有利です。
耐用年数が比較的長い点も特徴です。
優れた外壁用塗料としては、シリコンが有名です。
耐久性・耐水性・コストパフォーマンスに優れており、また結露が発生しにくい点も魅力です。
性能の高さという点ではフッ素樹脂がおすすめでしょう。
高い耐熱性・耐寒性を誇る点からさまざまな気候に対応でき、また耐用年数が、長い場合で20年と非常に長い点も魅力です。
長期間、メンテナンスを要しないことから鉄塔や高層ビルといった巨大建造物にも多用されています。

壁塗装の工事にかかる費用相場はどの程度?

そろそろ自宅の壁が汚れてきたと感じる場合、自分で塗装する事は難しいため壁塗装業者に依頼をするのが1番です。
壁塗装業者に依頼する場合、一体いくらのお金がかかるのでしょうか。
これに関しては、明確な金額は見積もりをしてみないと分かりませんが、その前の段階で一応知っておきたいことがあるとすればおおよその相場になります。
一般的な側としては、1,000,000円位と考えておきましょう。
ただもちろん例外もあり、それ以上に安くすることができます。
例えば、塗料の品質を落とせばあと200,000円位は費用が安くなる可能性もあるわけです。
逆に、塗装の品質を高め耐久度の高いものを利用する方法もあります。
最近は、断熱性のものもよく販売されており、寒い地方ではこれが役に立つ可能性が高いです。
その場合でも、相場より200,000円位は高くなるでしょう。
後は、建物の大きさによって異なりますが、1,000,000円と言う金額はあくまで日本の平均的な一戸建て住宅の塗装をする場合です。
それ以上大きい場合は、もう少しお金がかかるかもしれません。

壁塗装の工事で隣人に迷惑がかかることはある?

壁塗装を行う場合は、近隣へと迷惑がかかってしまうことがあるので、内容を理解した上で適切な対処をすることは必要です。
壁塗装は足場を設置する作業からスタートするので、足場は金属で作られているので搬入作業や組み立ての際には騒音が出てしまいます。
数時間で終わる作業になりますが、音の問題は近隣の住民にとっては気になることはあるので事前に挨拶回りをすることで解消できます。
足場を設置した後には、通常ではシートを足場の外側に設置をします。
この意味は音の問題だけではなく周囲に塗料が飛散してしまうことを防ぐ役割があるので、迷惑を感じることが分かっていれば、相応のシートを用いることは必須です。
壁塗装では油性タイプの塗料を使うことが一般的なので、特有の臭いが出てしまいます。
この問題も足場にシートを付ければ解消できる範囲ではあります。
壁塗装では施工会社の車両が出入りすることになり、住宅街で駐車禁止ではない場所では路上駐車をすることが目立ちます。
このケースでは路上駐車の少ない住宅街では邪魔に感じる方も少なからず存在していると想定できるので、やはり事前に挨拶を済ませておくことは重要ではないでしょうか。

壁塗装であれば細かい亀裂でも綺麗に修復できる?

壁塗装で細かい亀裂も綺麗に修復できるかという疑問に対して、結論はイエスが答えになるのではないでしょうか。
ただ単に塗装を塗り替えるだけでなく、古い塗装を剥がして下地を作ってから塗る壁塗装は、壁を修復する絶好のチャンスでもあります。
亀裂は程度にもよりますが、埋めたり塗料で覆い隠して修復しますから、見た目が綺麗になる上に壁の信頼性も回復します。
壁塗装は塗面が劣化した場合の他にも、壁が傷んで修復したい時にも検討することができます。
全体的にリフレッシュして新築時の美しさを取り戻すのが壁塗装ですから、小さなひび割れや欠けも綺麗になるわけです。
建物の壁は地震や雨風、直射日光といった過酷な環境にさらされるので、知らず知らずのうちにダメージが目に見える状態となって現れていることがあります。
放置しても雨水が侵入して余計にダメージが広がったり、壁内部にも影響が及ぶ恐れがあるので、発見したら早めにプロに相談するのが正解ではないでしょうか。

壁塗装の工事が遅れている場合に延長金は発生する?

壁塗装において工事の遅れが発生している場合、気になるのは延長金が発生するかどうかではないでしょうか。
それについては契約内容にもよりますが、基本的に施主に原因がなければ、工事が長引いたとしても追加で費用が請求されることはまずないです。
同じく、天候の悪化などで工事に遅れが生じる時も、壁塗装業者から施主に補償が行われることはないといえます。
自然現象は人の手ではコントロールできないので、天候による工事の延長は免責とされることが殆どです。
壁塗装は確かに、気温や湿度の影響を受けやすいですから、連日の雨で湿度が高い日が続けばプロの壁塗装業者もお手上げです。
当然ながら遅れは免れられませんが、大抵の場合は数日長引く程度に留まります。
大幅に延びることは余程のことがなければ起こらないので、追加費用と同様に長期化の不安や懸念も不要です。
施主の都合で作業ができなかったり、中断せざるを得ない状況を作り出した場合は別で、損害が発生していればその費用が請求されても仕方がないのではないでしょうか。

壁塗装における色の選択は自由にできる?

家を建てる時に壁塗装について、疑問に感じることもあるでしょう。
このコラムでは色の選択が自由にできるのかなど疑問に感じていることを紹介します。
壁塗装の種類は、単色と塗分けやスタイル別、多彩模様など家の設計デザインによっても細かく選択することができます。
家の間取りが出窓のキッチンや、煙突がついているタイプ、北欧の設計などは細かくスタイル別になっている設計なので、壁塗装のカラーも好みに合わせて色違いを選んだり、多彩模様を取り入れたりすることができます。
一般的に、熱に強いのは白で汚れにくいものはグレー、色あせを防ぎたいなら青を選ぶと良いです。
色選びで大事なのは、屋根やサッシと玄関の相性をみて選ぶことと、年数が経過してからのことを考えて、あまり目立つ色を選ばないことも大事です。
色が濃いほど色あせや、シミや痛みも気になる傾向にあります。
ブラウンや、白グレーは多くの家で使われています。
迷ったときには業者のアドバイスをもらって相談してみるのもおすすめです。

壁塗装の塗り替え時期に目安はある?

一般的に壁塗装の塗り替え周期の目安は10年ほどとされていますが、壁塗装のベストの時期としては、塗料の耐用年数や外壁の現在の劣化症状、外壁の素材等について大きく異なります。
住宅の外壁には近年ではサイディングやモルタルなどが選ばれています。
これらの表面は防水性が低いので、このままの状態では雨水が染み込んでしまうのです。
このようなことから表面に塗装を行い保護する必要があります。
しかし塗膜は劣化すれば、建物の腐食を進めてしまうため、適切なタイミングで乗り換えが必要になるのです。
その目安としては、前回の塗装から10年前後が経過していればタイミングだと言えるでしょう。
タイミングを逃して破損したり雨漏りが発生した場合には、住宅が腐ってしまう可能性も高まります。
すると莫大なリフォーム費用がかかることになるため、適切な時期を見逃さないように気をつけましょう。
10年が経過していなくても色あせやツヤがなくなってきた、コケが生えてきたり白い粉が露出している場合には早急な対処が求められます。

壁塗装で嫌なにおいがすることはある?

壁塗装の作業を行う時は塗料を使用するため、嫌なにおいを発することがあり得ます。
塗料の不快な感覚は、人それぞれのところがあるため、気になる人はきちんと対策を講じた方が良いでしょう。
不快な感覚に陥らないためにも、使用する塗料を業者任せにせずに自分たちで選ぶことが肝心です。
塗料の種類は、大きく分けて水性塗料と油性塗料の2種類です。
水性塗料はシンナーを使用しないために、シンナー臭が薄いですが、耐久性が短い傾向があります。
その逆の油性塗料はシンナー臭が強い傾向がありますが、耐久性が高いことが挙げられます。
壁塗装を行った後で、嫌なにおいが残っている場合は、しっかりと換気をするようにしましょう。
臭気は下に流れる性質があるので、特に1階を換気してください。
換気をする際のポイントは、窓を開けると共に、外に向かって扇風機やサーキュレーターを使用して風を送る点です。
ただし、空気の入れ替えの目的で換気扇を使用するのは止めた方が良いでしょう。
換気扇は外から内に対して空気を運んでくるため、逆に臭気を入れてしまうことになり、全然効果がない点に注意してください。

壁塗装にかかる日数はどれくらい?

これから外壁塗装をする場合、一体どれぐらいの日数がかかるでしょうか。
その日数については、実は建物の大きさや天候によって大きく変わってくるところです。
そのため、必ずいつまでに終わるかといった事は、明確に言えません。
ただ一般的には、2週間程度と言われています。
2週間の間に終わらすことができれば、それなりにスピードがあると言えるかもしれません。
なかなか終わらないケースがあるとすれば、予想外のハプニングが起こった場合です。
例えば、台風により足場の1部が壊れてしまったと言うのであれば、もう一度足場を組みなおす必要があるためその分時間がかかります。
当然ながら、天候による障害のため、お客さんはミスではないため延びたからといってお金を負担する必要はありません。
最初と変わらず同じ料金で対応してもらえるわけです。
外壁塗装は雨が降った場合も、延びる可能性がありますのでその点をよく理解しておくべきです。
例えば次の時期などは、2週間で終わらないことが多いでしょう。

壁塗装に関する情報サイト
壁塗装の必要性

このサイトでは壁塗装とはなにか、どのようなタイミングでおこなえばよいのか、また避けた方がよい季節があるのかなど外壁の塗装方法や工事にかかる費用の相場、修理の種類など様々な理由で外壁の修繕を検討している人が疑問に感じがちな内容を紹介し、それについての解決方法をわかりやすく説明します。そろそろ外壁の塗り替えが必要かもしれない、塗装にしようか外壁材にしようか悩んでいるといった場合は参考にすることができます。

Search